深夜のオフィスで後輩の女性とすることとは

IT業界と聞くとなんかかっこいい、今ときみたい、稼げるんでしょというイメージが浸透しているようです。確かに給料は、他よりも高くていいのですが、それよりも案外キツイ仕事なのです。というのも、残業もまず多く、システム納品前だと、深夜0時を越すとも珍しくはなく、月に100時間以上残業したり、休みなしなんてことも、珍しくはありません。世間ではブラック企業とされるようなことも、IT企業では、あまり前となっているのです。そんなITの会社で、深夜残業していたときのエッチな体験談をお話します。

■残業していたら
その日ももう、深夜0時を過ぎていました。残っているのは自分と後輩の女性1人です。明日までにプログラムを直さないといけなくて、それの作業で残っていたのです。とりあえず、もうおわりそうなので安心していました。それから、終わったのはもう、1時を過ぎていました。帰ろうかとふと周りを見渡すと、まだ後輩の女性がやっています。
帰る前に何時までのと聞こうと声をかけたのでした。

■まさか、そこからエッチになっていくとは
声をかけてみると、もう終わりそうだがエラーにかかって進まないというのです。この業界、エラーが常につきまとうのです。また解決の仕方がわからなくて、どうしようも考えたそうです。そのエラーは、自分も経験があったので、口頭で、解決策を教えてあげると、とても喜んでいました。でも、早く終わらせて返してあげたいので、自分が彼女のパソコンを操作して、解決したのです。
良かったね帰れるねというと、笑顔でお礼したいけどと言ってきたのです。
別にいいよと断ったのですが、彼女は私に体をすり寄せてきたのです。
ねぇ、気持ちいいことでお礼しますよと言ってくると、自分の股を触ってくるのです。えーと驚いていると、耳に軽く口をつけてきて、耳をなめ始めるのです。
どうですか、きもちいいですかとかないてくるので、はいと答えてしまったのです。本来は断るべきでしたが、深夜で誰もいないオフィスで、おもわず、興奮を隠せなかったのです。

そのまま、彼女は自分のズボンのチャックを下ろし、固くなってきているちんちんを取り出すと、口に入れたのです。もう何がなんだかという気持ちになっていると、ますます、勃起が止まらなくなります。
そのまま、オフィスにはフェラの音が響くのです。
そんなときに、警備員が巡回でやって来たのです。

■おもわず、机の下に隠して、
警備員の足音に驚いてら彼女を机の下に隠したのです。警備員はお疲れさまと挨拶してきました。ちょうど警備員からは死角で彼女は見えません。でも、自分はズボンのチャックから、ちんちんもでています。回り込まれたらすぐに見つかってしまうのです。
でも警備員はすぐにその場を立ち去ったのです。
彼女は机の下から体を出すと、スカートをまくりあげ、クンニを迫ってきたのです。言われるがままにストッキングとパンティを下ろすとクンニを始めました。
すでにオマンコは、濡れていました。
あまり時間ないからら、入れてよの声にバックから入れたのです。オフィスには今度は、バック特有のパンパンと肉が当たる音が響いています。彼女は声を抑えようと口に手を当てています。自分も興奮が抑えきれずに激しくついてしまいました。
それからは、彼女を机に座らせてからの正常位です。彼女の足を抱えてつくと、彼女からそこがいいのという声が。さらについていくと、もうガマンができずにそのまま出してしまいました。

■後からわかったが
先輩もっとしたかったのにと彼女がいったきましたが、もう遅いからといって、ズボンのチャックをしめ、帰る身支度をして一緒に帰ったのです、あとから、わかったのですが、彼女は納期には負われてなく、また残業も必要なかったのでした。初めから、彼女は残業しているふりで、自分とセックスを狙っていたのかもしれません。

せふれは遠い存在じゃない!

「セックスがしたい!」
男性女性関係なく、純粋にこう思うことはある思います。
とは言え、セックスは一人ではできませんし、ただの会社の同僚や、知人、友人とできるわけではないです。
そう思ったならただの同僚や友人ではなく、せふれを作ってしまえば良いのです。
え?せふれを作るより風俗に行ってしまう方が簡単だって?
確かにその通りですね。
お金さえ払えばいつでも簡単にセックスができますからね。
でもまあ月に一回程度なら良いとしても、月に何回も行ってしまうと破産してしまいます。
せふれを作ればホテル代や何かはかかるとしても、風俗に行くよりは安く済みますし、何度も関係を持てるので色んなプレイもお互い楽しみながらすることができます。
ほらほら、せふれが作りたくなってきたでしょう?

■せふれは遠い存在なのか?
せふれと聞くと何か特別な、或いは非日常的なイメージを抱く方も多いと思います。
自分には関係ない遠い存在なんだ、とはじめから思っていると、せふれを作るための行動さえ起こさないということになってしまいます。
せふれというのは決して遠い存在ではありません!
恋人や伴侶が居てもせふれを作ってる人、何人(中には10人以上いる方も)もせふれがいる人もいます。
また、せふれとの出会いの方というのも、「会社」「飲み会」「ネット」「元からの友人」などなど意外と身近な存在なんです。

■ネットで作るせふれ
せふれを作る=出会い系と思っておられる方も多いのではないでしょうか。
実際に数多くの出会い系サイトがありますし、ネットだと代表的な方法と言えると思います。
例えば「人妻」などの固有の嗜好に特化していたり、「GPS機能を使ってご近所で見つける」と言った出会い系もあり、自分に合った、または求めるサイトを見つけることができます。
何より一番の利点は男女共に同じ目的、今回の場合で言うと「せふれを作る」「セックスがしたい」という目的を持っているので相手との認識のずれが少なく、すんなりせふれ関係になれるところです。
また最近では、SNSでというパターンも多いでしょう。
一般的なSNSもあれば、出会いに特化したSNSもあります。
ものによってサクラが多いというのがたまに傷ですけれども、スマホさえあれば簡単にできちゃうところが魅力です。

■会社で作るせふれ
会社の同僚となれば最初の段階=出会うことは、労せずして完了しているわけです。
恋人作りでも言えることですが、ちょっとした努力ときっかけさえあれば、ネットで作るよりもハードルは低いです。
例えば飲み会で酔った勢いで一度してしまいそのまませふれ関係に、ということもあり得るわけです。
仕事に影響しないようにさえすれば日程も時間も合わせ安いので非常に良いと思います。

■元からの友人をせふれに
この場合もすでに出会うことは完了していますね。
友人同士ですから時には二人でご飯を食べたり、買い物をしたり、お酒を飲んだりということもあると思います。
特にお酒の力は偉大で、会社の場合と同じですが酔った勢いで一度してしまいそのまませふれ関係に、ということがあり得ます。
しかしながら、会社よりはハードルが高いように思います。
なぜなら、異性の友人というのは付き合いが長くなると時として異性として見れないという現象が起きるからです。
自分はそう思っていなくても、相手がそう思っていれば、その人をせふれにするのは非常に難しいと思いますので、その辺りは慎重にいきましょう。

■チャンスはどこにでもある!
いくつかせふれを作る方法をご紹介しましたが、他にもどんなきっかけでせふれが作れるか分かりません。
せふれなんて遠い存在と思わず、ちょっとした努力を重ねてせふれを作りましょう。
そして「セックスがしたい!」という願いを叶えて下さい!